ニコチン タバコ ボケる

タバコはボケる原因になるって知ってましたか?

タバコはボケる原因になるって知ってましたか?

タバコが原因でとはまだまだ深刻に思われていないことですが、タバコに含まれるニコチンが認知症の原因にもなりえることなのです。喫煙者の方のほとんどは自分は大丈夫と思う方が多く実は深刻なことになります。

 

今は問題ないかもしれません。しかし、タバコに含まれているものは全て身体に悪影響を及ぼす小さな原因のひとつです。煙に含まれたニコチンが血液の中に侵入します。そして血流が悪くなり血がドロドロになっていくのです。

 

タバコは長く吸っているとやめることに苦労します。身体がほしがっているのです。脳に刺激を与えるものでもあり、また吸いたくなる理由がここにあります。脳は快感を覚えてしまい、なくてはならないものになってしまいます。

 

タバコで認知症にはならない

 

そう思う方がほとんどでしょう。自分はそんなことにはならないと考えることが普通です。そのためにといろんな健康法を実践している方も多くいます。しかし、どうなるかわからないことが病気の特徴です。とくにタバコは認知症予防に絶対的なことになります。

 

 

認知症や心筋梗塞、動脈硬化などは、血液と脳に大きく関係があります。血流が悪くなり起こる病気のひとつであったり、脳の異常が広がって起こる病気のひとつだからなのです。

 

長時間タバコを吸わないでいて、やっと吸ったとき、頭がくらくらすることがありませんか?酔ったような感覚が一瞬だけある感覚です。これが危ない危険信号です。脳と血流に影響がある証拠と言えます。今はまだこれが快感かもしれません。しかし、深刻なことに近づいています。

 

認知症などに自分はなりたくないのであれば、直ちにやめることです。今からでも遅くはありません。血流がよくなり健康的な身体に戻ることもできます。タバコを吸わないだけで予防になるのです。

 

今までやめられなかったタバコですが、やめた方がいいと思うことです。認知症や心筋梗塞などの病気になり誰かに迷惑をかける自分になるか、ここで決意し予防するかどうかのどちらがいいのかになります。答えは簡単です。

 

間違いなく言えること

 

タバコにふくまれているニコチンはいろんな病気に非常に関係があります。もしこれをやめていれば予防できる病気がたくさんあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ