ニコチン依存 治療

ニコチン依存は治療が必要となるかも!?

ニコチン依存は治療が必要となるかも!?

多くの禁煙グッズを試して、何度も挑戦しているという方はたくさんいます。タバコに含まれているものや、それが原因でとうなるか?こんなことをもう少し理解できればできることです。

 

禁煙をすることは、何度も試して自分はムリだからと言って諦めている方は聞いて欲しいことです。もっとよく知って、理解すれば意識の強さに関係なく禁煙ができるようになります。

 

タバコは自分の命を縮めている

 

タバコに含まれるニコチンが身体に悪影響を及ぼし、病気になる元をつくっています。これが蓄積され大変な後悔しても、もう遅い現実に繋がります。

 

脳が刺激され、もっと欲しいとなります。そのために、イライラしたり、頭痛がしたりして、吸わないでいられなくする脳ができてしまいます。

 

ニコチンを吸収すると脳がそうなる仕組みは?

 

ニコチンはどこに行くかというと、血液の中に侵入します。この濃度が少なくなると、補充しないといけないとなるから、また吸いたくなるのです。やめられない原因になります。

 

タバコを吸うと、落ち着いたり、ほっとしたりということの経験がある方は多いはずです。これは、しばらくタバコを吸えない状況のときに、とても吸いたくなって起きます。まさしく禁断症状です。

 

ほっとするから、美味しいからという感覚を脳が覚えていてストレスの軽減になっていると思っている方も多くいます。しかし、そうではないことなのです。感覚が麻痺していて脳も麻痺状態なのです。ストレスが減るどころか実は増えていて、また更にすわないといけない身体になっています。

 

 

深刻な病気になると言われています。タバコを吸っている方のガンになる確率はダントツです。確実にガンになるといってもおかしくないことなのです。

 

これまでできなかった方でも、タバコや含まれる有害なニコチンなどを学習すると、少しは違います。どんなに無駄でとんでもないことをやっているのだろうか・・と考えるきっかけになるはずです。やめられなくて悩んでいるのならば、一度調べて学んでみましょう。

 

依存症なので、なかなか自分の力と意識では解決出来ないことが当たり前です。そこで自分を責めないで、病院の禁煙治療を受けてみたりする方法があります。確実に治すにはやはり病気ですので専門家に相談したほうが利口です。


ホーム RSS購読 サイトマップ