ニコチン 原因

ニコチンが原因で身体に起こること

ニコチンが原因で身体に起こること

多くの禁煙方法を試して、なんども試みたができなかった理由はここにあります。また吸いたくなることや、美味しいと感じることが起こります。これは、ニコチンが原因です。

 

精神的な依存

 

つい暇さえあれば、タバコに火を付けていてクセになっていることがあります。数分のまち時間や移動時間のスキマの時間に吸いたくなくてもタバコを吸っていることがこの精神的な依存になります。

 

肉体的な依存

 

長時間、タバコを吸えないことがあるとても吸いたくなり、イライラしてくることです。血液の中のニコチン濃度が下がると、集中できない状態になったり、落ち着かなくなったりする離脱症状があります。タバコが吸いたくてたまらなくイライラの時です。

 

この2つの症状が出てくるので、吸ってしまいます。この苦しみを和らげるためについ手にしてしまいます。逆にこれがないと、タバコを吸うことはなくなることです。依存性の高いタバコに含まれている成分が脳を刺激し、身体までもを刺激しこのような状態になってしまいます。

 

タバコの煙を吸って、血液に到達します。そして、血管が収縮し、血管の流れが悪くなります。これが原因で、血圧を上昇させて血管や心臓に負担をかけてしまいます。だから、少し走っただけで、歩いただけで息切れや動悸がして身体が重く疲れた状態が続きます。

 

ニコチンは良いものを悪いものに変化させる

 

善玉コレステロールが悪玉に変化します。コレステロールを酸化させてしまうために、善玉を悪玉に変えてしまうのです。動脈硬化の原因になってきます。

 

女性はとくに注意

 

妊娠を考えている方や妊娠中の方はとてもよくないことになります。自分はともかく、お腹の中の赤ちゃんに影響があります。成長が遅くなる原因にもなり、いろんな病気の原因にもなってきます。

 

肌やシミの原因

 

年齢のせいだと勘違いしている方が多いこの症状です。実はタバコが大きく関わっています。血流が悪くなることにや、ホルモンバランスが崩れることから、肌のハリがなくなり、乾燥肌になりやすくなります。しかも、シワや白髪も増え老けてみえてくるのです。決して年齢のせいではないことです。

 

治すことにとても苦労する依存症です。脳が覚えている快感で何度ももとめます。だから、まずは意識をかえて取り組む必要があります。しっかり治すことができる病気です。医師に相談しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ